脱毛サロンと医療脱毛

脱毛サロンと医療脱毛の違いって?

もう面倒なムダ毛処理にうんざり、永久脱毛をして楽な毎日を過ごしたい・・・

 

そう思って脱毛サロンや美容外科で永久脱毛の処理をする方が多くいらっしゃいます。
しかし永久脱毛とは一生毛が生えてこないということではなく、
6ヶ月以上毛が生えてこないという定義に基づいています。

 

その定義の範囲であれば、医療脱毛ではかなりの実績があります。
永久に毛が生えないということに関しては、永久脱毛の施術後のデータが乏しく、
理屈の上では永久脱毛だっとしても断言は出来ないのです。

 

そもそも永久脱毛の理屈とは毛の再生自体出来ないようにその組織を破壊してしまうことです。
毛根からレーザーで焼ききってしまうという医療行為になります。

 

脱毛サロンでは医療レーザーではなく、光脱毛と言う最新技術を使います。
実際には毛根から焼ききるという意味で医療行為になりますので、
脱毛サロンではその行為は許されておりませんが、脱毛器の出力を抑え、医療行為外としています。

 

また、脱毛サロンでは光脱毛の技術を使ってそれぞれが独自の色を出して施術を行っています。
フラッシュ脱毛、IPL脱毛と呼ばれるものも光脱毛になります。

 

複数波長の光を用いた光脱毛では、レーザー脱毛よりも効果が高いと言われており、
脱毛サロンでも永久脱毛は可能と言えるでしょう。